適当にトリミングしてから縮小しています。クリックすると大きくなります。(たぶん)最近の写真はW=1500pxです。拡大表示するとぼやけます。

  

2017/05/10

GWのチョウ2017 その4

ゴールデンウィーク中のチョウの写真紹介もこれで最後です。シジミチョウ科で締めくくりましょう。
シジミチョウの「シジミ」という名前は、しじみ貝が由来ですよね。その名の通りチョウの中では最も小さな部類で写真をとるのも一苦労です。

ツバメシジミ
ツバメシジミ
オオイヌノフグリの花と比べるとこのチョウの小ささがよくわかります。良く似た種類にルリシジミとかヤマトシジミなどがいます。後ろの翅に尻尾のような小さな突起がありますが、これがツバメシジミの特徴のひとつです。この尻尾みたいなのを「尾状突起」と言うんですが、これがある種類は「○○ツバメ」のような和名が付いている場合が多々あります。
 
ルリシジミの交尾
交尾しながら飛んでいたのですが、葉の上に止まって落ち着いたようです。チョウは危険が迫ったと感じた時とかよく交尾飛翔というのをしますが、その張本人は写真を撮っている私だったかもしれません。ちょっと反省してそーっと撮らせてもらいました。

コツバメ
コツバメです。「ツバメ」が名前についてますから尾状突起っぽいのがあります。春先のごく短い期間しか現れません。

コツバメ
コツバメ

コツバメはこの辺では最も小さなチョウです。しかも警戒心は強く、すばっしっこいので撮影泣かせです。今回はツツジの花に来ることが多く、しかもゆっくり目でとんでいたのでなんとか飛翔写真も撮れました。止まっている時は必ず翅を閉じていて開いているところを見たことがありません。翅表の青い色を撮りたければ飛翔写真を撮るしかありません。
 
トラフシジミ

トラフシジミは春と夏の2回発生するのですが、翅の白い筋の模様が春はくっきりしていますが、夏に発生するものは茶色味を帯びてはっきりしません。断然春型のほうがきれいです。そう数も多くないので目前に止まってじっとしてくれたのは幸運でした。

 ただ風が強くて被写体ブレがひどくで何枚とったやら。



GWのチョウ2017 その3

ルリタテハ
シータテハ
春のタテハチョウは越冬した成虫が多い。ほかにもヒオドシチョウ、テングチョウとか里山であまり見かけないエルタテハやクジャクチョウなども成虫越冬組だ。
今年はルリタテハとテングチョウはそこそこいるのだが、ほかの種類は妙に少ない。

コミスジ
新成虫で春一番に出現したのはこのコミスジ。初見日が年々早くなっていて、4月にみることなどかつては無かったと思う。

ミヤマセセリ
セセリチョウの仲間で春の先陣を切るのはミヤマセセリ。このチョウを見るといよいよはるだなあと思う。他の種類はもう少し経たないと現れない。













GWのチョウ2017 その2

左がモンシロチョウ、右がモンキチョウ
モンシロチョウやモンキチョウは人為的な環境への依存度が高い。モンシロチョウはアブラナ科の栽培種であるナノハナやキャベツ、ハナダイコンなどを宿主(食草)として好み、そういった草のある場所から離れない。モンキチョウは庭先から高い山でもみられるが、これはアカツメクサやシロツメクサなどの帰化植物を宿主としているから。

スジグロシロチョウ
スジグロシロチョウの交尾飛翔
一方スジグロシロチョウは自生種のアブラナ科のハタザオなどを宿主としているので、里山から山間部に多くて、畑にはあまり訪れない。モンシロチョウとうまく棲み分けている。

ツマキチョウ(オス)
ツマキチョウ(メス)
ツマキチョウは春のこの時期の短い期間だけ見られる。オスは決まったルートを周回して飛び、メスを探す。メスは産卵のために宿主を探すように飛ぶ。今年はツマキチョウの当たり年のようでいつもの年より数が多い。

キチョウ(キタキチョウ)
頭の固い学者さんたちは(失礼)、南方のキチョウと本土のキチョウは種が異なるということで、この辺にいるのはキタキチョウというのが正式和名にしてしまった。どうもしっくりこない。私の中ではキチョウはキチョウであってキタキチョウではないのだが。
 キチョウは秋の成虫が越冬して今産卵している。なので、草地を低空飛行していることが多い。宿主は小さなマメ科の植物で、まだ伸びきらない株を選んでいるのだが草の名前がわからない。
 
スジボソヤマキチョウ
スジボソヤマキチョウもまた成虫で越冬して早春からクロウメモドキに産卵する。このメスは去年の6月ごろ羽化したのでもうじき1年経つ。チョウの中では一番長生きなのではないだろうか。 翅もボロボロになっても必死で産卵しようとしています。
写真は産卵中疲れてしまって途中で一休みのシーン。おもわず「お疲れ様」と声をかけてしまった。

2017/05/08

GWのチョウ2017 その1

オナガアゲハ
下がクロアゲハ、上がカラスアゲハ
クロアゲハ
カラスアゲハ

アゲハチョウ
ウスバシロチョウ
その他にキアゲハ、ミヤマカラスアゲハも。(未撮影)
一通りPapilio属も出ているがツツジも咲き始めたのに個体数が例年より少ない。










2017/04/09

新しい命 (2017.04.08-9)

春がやってきた。そして新しい命の誕生です。
ミヤマセセリ
ルリシジミ
ルリシジミの飛翔
ルリシジミの飛翔
スジグロシロチョウ
スジグロシロチョウの飛翔
モンシロチョウ
モンシロチョウの飛翔
モンキチョウ
スジボソヤマキチョウの産卵
スジボソヤマキチョウの卵 (何日か経っている別の卵です)

2017/03/20

Today's Satoyama (2017.03.20)

春めいてきましたね。冬眠から覚めたチョウの数も次第に多くなってきました。
テングチョウも出てきました。 Tokina ATX107  17mm
Tokina ATX107でも5センチ位まで近寄ればこのぐらいの大きさに写せます。

スジボソヤマキの8枚連写合成 ATX107 方向転換して風上へ向かっています。
スジボソヤマキの5枚連写合成 EF70-200mmF4L IS USM 

連写合成の解説は後日追記します。


---追記---

春先のスジボソヤマキチョウは日当たり具合にもよりますが、気温が12、3度になると枯葉の中から出てきて、ちょっと飛んでは休む、ちょっと飛んでは休むの繰り返しが多くなります。さらに気温が上がってくるとメスはオオイヌノフグリなどの花に来て吸蜜するようになります。さらに体調が整うと産卵行動をするようになります。

 一枚目の飛翔連写写真はそんなシーンで、2枚目はオスがちょっと休んで飛び立つ場面です。
 どちらも最初の2カットは翅を振り下ろして舞い上がってから巡行飛翔に移っていってます。単発の飛翔写真ならこの3カット目以降が自然な飛び方になるので狙い目はその辺でしょう。

 撮影時に注意しなければならないのはシャッタースピードです。ブレないように1/1000は欲しくなります。絞りも開きすぎるとピントの合う範囲が狭くなってしまうのでf8は欲しくなります。どちらの条件もクリアできないならば多少画質を犠牲にしてもISO感度を上げるしかありません。 日中、太陽が出ている場合ならISO800で十分クリアできると思います。

 ATX107は焦点距離10mmのフィッシュアイですが至近距離で撮っているのでf8でもピントの合う位置は3番目から4番目あたりしか合っていませんが、EF70-200は200mmで5m程度離れているので同じf8でも概ねピントが合っています。望遠レンズの方が被写界深度が浅いのは確かですが、撮影条件によっては広角レンズの方が浅くなる良い例です。

連写合成ですが、
フォトショップを使えば比較的簡単にできます。
要領はパノラマ写真を作るのとほぼ一緒です。
複数枚の連写写真をフォトショップで読み込んだら、ファイル->スクリプト->
ファイルをレイヤーとして読み込み... と進みます。
ここで「開いているファイルを追加」で全てのファイルを選択して、
この時「ソース画像を自動的に配置する」にチェックを入れます。

これで1つのファイルになるのと同時に背景がほぼ同じ位置になるように合成してくれます。一番最初のレイヤーの背景を残して後のレイヤーは蝶意外を消して、あとは不要な部分をトリミングすれば上の写真のようになります。
最後にレイヤーを統合していつもの単写真になります。

この自動的に配置する機能が強力で、手持ち撮影で撮影角度がズレていても強引に位置合わせをしてくれます。



 








2017/03/12

Today's Satoyama (2017.03.12)

久々にEOS7Dを持ち出した。

スジボソヤマキチョウ 枯葉の中に冬中潜んでいたのでシミだらけ EF75-200mmF4IS USMも久々

同じく 翅の表側はたたんで内側だったので綺麗です TokinaATX107Fisheye
今日は先週より気温が低かったけれど5匹ほど観察

7Dと望遠ズーム、フィッシュアイでの飛翔撮影も久々です。
望遠ズームの方は離れて撮るので、それより近寄って撮る単焦点の中望遠レンズの方が解像度は高い。中望遠の画像に慣れると例えLレンズでもこれはちょっと解像度不足感があります。
飛翔撮影はやはりこのフィッシュアイとの組み合わせが今の所最強。