適当にトリミングしてから縮小しています。クリックすると大きくなります。(たぶん)最近の写真はW=1500pxです。拡大表示するとぼやけます。

  

2018/01/08

ウラゴマダラシジミの越冬卵(2018.01.08)

ウラゴマダラシジミの越冬卵を新たに3ケ見つけた。
いつになくうまく撮れたので、高解像度版を1枚だけアップしてみる。
ウラゴマダラシジミ(6000×4000ピクセル)
Canon EOS M3
Voightlander Color-skopar 20mmリバース (電子接点付リバースアダプター使用)
ISO800,f8,1/160 露出補正-1、LED照明使用
7カットによる深度合成(PhotoshopCC)


※利用しているBloggerではアップした大きな画像は自動的に1600×1066ピクセルに縮小しちゃうみたいです。残念でした。




2018/01/01

謹賀新年2018 (2018.01.01)

明けましておめでとうございます。
お世話になった皆々様、本年も宜しくお願い致します。

まとまった休みはそうないので、じっくり里山巡りを元旦からしています。
2018.1.1撮影
冬の雑木林は越冬するチョウの宝庫
カシワ林にはハヤシミドリシジミの卵
ファボニウス属(オオミドリシジミの仲間)の卵はどれも形状が似ているので、もっぱら見つけた木の種類と場所で判断します。
カシワの木で目線ぐらいの高さだったら、ほぼハヤシミドリシジミ。
コナラの幼木(分かり難いので赤く塗っています)
オオミドリシジミ
コナラの幼木で矢印の辺り、枝の股、低い場所だったらほぼオオミドリシジミ。


卵ばかりではありません。
タテハチョウの仲間は幼虫で冬越しする種類が結構います。
カエデの木に葉がついたままのを見つけると、
ミスジチョウの幼虫(周りの彩度を落としています)
カエデ(モミジ)の木を見ると、すっかり葉が落ちているにもかかわらず、しっかり枝についていて、強風でも飛ばされない葉が残っている場合があります。そんな時にはミスジチョウの幼虫がその中にいる可能性があります。葉っぱの色とほとんど見分けがつかない色の幼虫なので、じっくり見ないと見落とします。今年は1本の木で4匹見つけました。


イチモンジチョウの幼虫(周りの彩度を落としています)
スイカズラはイチモンジチョウの食草ですが、冬越しはその葉っぱに切れ込みを入れて、うまく筒状にし、その中に隠れるようにしています。

オオムラサキの幼虫
オオムラサキの幼虫はエノキの木の根元辺りの落ち葉に潜り込んでいて、見つけるのはそう難しくありません。落ち葉を一枚づつ裏返して張り付いているのを探します。面白いことに木の北側の根元によくいます。春になるとエノキに登っていきます。
もっとクローズアップでもう一枚

アゲハチョウの仲間は蛹で越冬するものが多いのですがなかなか見つけられません。
パピルス属の蛹(周りの彩度を落としています)
恐らくミヤマカラスアゲハの蛹でしょうか。今まで気がつかなかったのですが、遊歩道の木柵柱についていました。食樹からは結構離れた場所です。
どうやらクロアゲハの蛹のようです。

まだまだ春までに色々と冬越しするチョウたちを見つける余地はありそうです。

2017/12/03

12月第1週(2017.12.03)

穏やかな陽気で小春日和とはこのことだ。
そんな陽気に誘われて越冬チョウが姿を現した。
キチョウ 7DがなくてEOS M3+22mmで撮影
ルリタテハ
テングチョウ これは先週
さて雑木林はすっかり風通しが良くなって歩きやすくなったので立ち入ってみた。
ハヤシミドリシジミ
これもハヤシミドリシジミ 結構な数を見つけた。
ミズイロオナガシジミ ミズナラの倒木で見つけた。
ミズイロオナガの卵は赤丸印の真ん中あたりについていた。
ウラキンシジミ まだ全域調査していないが分布状況が毎年違う。
ウラキンシジミはトネリコのササクレや傷などの凹みに生むことが多い。
ここにもうまく凹みに並べて生んでいる。
ウラゴマダラシジミはイボタに産卵する。
単体の卵の写真はいつものように20mmリバースで撮影。今回はトリミング無しで縮小のみです。したがって卵の大きさを比較できます。

2017/11/23

越冬卵探査始動(2017.11.06)

いよいよです。
カラースコパー20mmリバースで手持ち撮影。多かれ少なかれ深度合成してからトリミングしてます。
ミヤマカラスシジミの卵塊 これだけ多いとピント抜けが出てしまいます。
ウラゴマダラシジミ ほぼノートリミング
メスアカミドリシジミ
ちょっと斜めからメスアカミドリシジミ
風で飛ばされた枝についていたクロミドリシジミ
ハンノキでミドリシジミ
さい先の良いペースで撮影進行中。今回は道沿い中心に探した。藪の中はもう少し先にしよう。





2017/11/06

11月第1週(2017.11.06)

あっという間に11月。チョウの姿も少なくなってきました。第1週目の様子です。
紅葉も進んでいます。
葉裏で休止するウラギンシジミ 午前中寒さで動けない。
産卵のため低空飛行のモンキチョウのメス
産卵中でもオスにちょっかい出されるとついつい後を追ってしまうメス
モンシロチョウのオスは畑を離れません。
メスを探して畑を飛び回るオスですが相手がいなくてモンキチョウのメスを追っかけています
めっきり少なくなったヤマトシジミはオオイヌノフグリで吸蜜
今年最後のウラナミシジミになりそう
キタテハは熟して落ちた柿の果樹を吸ってます。あとルリタテハとテングチョウを見かけた。
キアゲハの幼虫は脱皮した模様、でもまだ小さい。食料はあとわずか
N氏から教えていただいたイチモンジチョウの幼虫。様子がわかったので次からは自力で探せそう。
もうじき越冬卵探しの季節。その前に20mmリバースでマクロテスト。これはミヤマカラスシジミ
マクロテストその2 オナガシジミは高い枝についているので撮りづらい













2017/10/15

ヤマトシジミでネイチャーマクロフォト(2017.10.14)

 10月の声を聞くと次第にチョウの数も種類も減ってきますが、ヤマトシジミはまだまだ見ることができます。カタバミを食草としていることで人里や路傍、庭などにもカタバミさえ生えていればヤマトシジミは生きていけます。また、一年のうちで何回も世代を繰り返し、幼虫で越冬するのでこの時期でもいろんな生態を観察することができます。
 そんなヤマトシジミは絶好の撮影の練習台になってくれます。シジミチョウのような小型種は写真を撮るにも難易度は高いので、このチョウを完璧に思い通り撮れるようになれば格段にレベルアップできると信じています。
これから紹介する写真は9月から10月にかけて撮影したものです。

まずはオスとメスの成虫写真
ヤマトシジミ オス 翅表は全体に青い
ヤマトシジミ メス 翅表は全体に黒っぽいが青い鱗粉が現れることがしばしばある。
特にメスは青い鱗粉の入り方が様々なので、よく観察すると面白い。また、翅裏の模様も個体変異が多い種類でもあるので、珍しい模様を見つけることができるかもしれない。


【ピントの話】
 次の写真を見てもらおう。レンズはオリンパス60mmマクロで絞りはf8、ほぼ最短距離で撮っている。
 
上と下の写真を比べてみると、全体写真では違いがよく分からないが、部分拡大するとかなりピントが違うのがわかる。ブログ写真ならこの差はあまり気にならないが、プリントする場合はかなり差が出てしまう。
 マクロ撮影では被写界深度が非常に浅いので、シャッターを切るときにちょっと動いただけでこうなっちゃいます。
これを避けるには何枚も撮ること。連写することです。デジカメならダメな写真は捨てればいいのですから。

次に絞りの設定を変えてみる。
絞り設定とボケの変化
使ったレンズはウルトロン40mmf2+中間リング。上からf2開放、f4、f8の順。
f2はピントが甘い。しかもここまでピントを合わせるだけでやっとです。ボケは綺麗なんですけど。
f4はチョウの翅全体にピントがあって、ボケも良い。ただこれも10枚近く撮ってその中の1枚。失敗作の方が多くてピント合わせには神経を使います。
f8はピントは良いがボケはちょっと良くないか。ただ何回写しても大抵満足いくピント。1回のシャッターチャンスしかなければf8が確実。


【生態写真】

 ヤマトシジミはカタバミからそう離れた場所まで行かない。カタバミの咲く場所に腰を据えていればいろんな生態を観察できます。
オスの飛翔 低空飛行でメスを探しています
オスは低空飛行でメスを探します。
メスの飛翔 低空飛行で産卵のためカタバミを物色します。
オスは飛んでいる仲間を見つけるととりあえず追っかけます。相手がオスだとすぐやめます。
オスがメスを見つけました
運がいいと交尾が成立します。メスは交尾済みだと拒否します。
産卵は大抵葉の裏にします。
中には葉の表側に生むことも(白い点が卵)
カタバミの近くの違う葉っぱにも産んでありました。相当慌てて産んだみたい
これが卵の拡大写真(前玉外し+中間リングでX2で撮影してトリミング)
葉っぱの食べた後のあるカタバミを探すと幼虫がいます
これは終齢幼虫でしょう。
まだ10月中旬なのでカタバミが枯れるまではこんな写真が撮れそうです。飛翔写真から卵の写真まで、失敗しても撮り直しが効くヤマトシジミでした。