適当にトリミングしてから縮小しています。クリックすると大きくなります。(たぶん)最近の写真はW=1500pxです。拡大表示するとぼやけます。

  

2017/09/12

秋の巡回開始 (2017.09.12)

チョウの世界はすでに秋モードに突入。
いつもの巡回状況です。

先日見つけたウラギンシジミの幼虫はいなくなってしまったが、新たに小さめの幼虫を発見。
アリが来ているが興味は幼虫が食って開けた穴の中にある様子。蜜を舐めに行っているのでしょう。
前回うまく撮れなかったクロツバメシジミの卵 20mmレンズリバースで撮影
卵を探していて偶然見つけたクロツバメシジミの蛹
普通は葉っぱの上で蛹化しないはずなので、かなりレア。

そういえば今年はゴイシシジミを見に行っていなかったと思いつき、いつものクマザサ帯へ足を伸ばしてみた。多分まだいるはずだ。もしいなくても卵か幼虫は撮れるだろう。
ゴイシシジミ
最盛期に比べると数は少ないが、チラホラ飛んでいる。
早速卵を探し始めるが、肝心のアブラムシが全然いない。林道沿いをくまなく探して行ってやっと1㎠ぐらいの小さなコロニーを見つけた。
これがゴイシシジミの卵 小さなコロニーに計5個見つけた。
まだ孵化まで行かない卵が小さなコロニーに5個とはかなり密度が高い。
ネットで文献を漁っていたらゴイシシジミの生態に関する論文があった。
それによると、夏に発生したゴイシシジミの幼虫はアブラムシを食べつくしてしまい、この時期には極端に減少するらしい。食糧不足で餓死する幼虫もいるようだ。その結果捕食者の幼虫が減ることと、越冬準備で幼虫がアブラムシを食べなくなることから、冬の到来までの間にアブラムシのコロニーは若干復活するらしい。
 丁度、そのアブラムシコロニーの少ない時に見に行ったということか。

クマザサの葉っぱを片っ端から裏返して見ていて、別の幼虫を見つけた。
ヒカゲチョウの幼虫。まだ15mm程度の大きさ。
正面から見ると結構かわいい顔をしている。

私はチョウの写真を撮るのが好きなのだが、ひょっとしてこういった観察の方がもっと好きなのかもしれない。


2017/09/11

チョウの楽園 (2017.09.11)

生物多様性という言葉がありますが、チョウで言えばその場所にどれくらいの種類がどれくらいの数がいるかということなんですね。
よりたくさんの種類がよりたくさんいることが「多様性が高い」ということになります。
 先日芝生の広がる近くの公園へ行ってみました。アルプス公園ではありません。
 ここでは年に2回ほど草刈りをするだけで、芝生のところには草丈は低いのですがアカツメクサやクローバーが生えています。そしてここにはその花の蜜を求めてたくさんのチョウが集まっています。

悠々と飛ぶキアゲハ
アカツメクサの蜜が大好物
蜜を吸っていたのはメス。そこへオスが背後から近づきます。
とっさにメスは飛び上がって逃げようとします。
しかしオスはモーレツにアタック。
オスは執拗にメスを追いかけ回します。
そうこうしているうちにもう1匹のオスがやってきました。
2匹のオスに挟まれて逃げ場を失うメス。
三つ巴の飛翔はしばらく続くのでした。
そんな追っかけっこがあちらこちらで起こるのでした。小高い場所の草地にはこうしてキアゲハがよく集まります。
こちらではミドリヒョウモンが危険を感じたのか交尾しながら飛ぼうとしています。
こっちでは交尾中のヤマトシジミに別のオスがちょっかいを出しています。
3匹のチョウが写っています。
ご覧の通り
この写真には5匹写っています。
わかりましたか?
ここはさながらチョウの楽園のようです。
希少種は大切に見守られ、保護の対象になりますが、こういった自然豊かな「多様性の高い」場所はめっきり減ってきてしまいました。



2017/08/31

夏のチョウ観察 (2017.08.31)

あっという間に今年も夏が終わってしまった。
なんかお盆中は天気が悪くて遠出はせずに里山を短時間徘徊することが多かった。
夏の初めは人の気配も気にせずにオオムラサキが飛び回っていた。
樹液にはカブトムシの姿
お盆の頃まではオオムラサキも多かったがその後ピタリとその姿を見なくなった。
気温が30度を過ぎると、途端にチョウの姿が減った。
元気のいいのはジャノメチョウとシロチョウの仲間やシジミチョウの仲間たち。
ヒメジョンにやってきていたのはベニシジミとツバメシジミ
ヤマトシジミも元気いい。交尾
このツバメシジミは尾状突起の付け根の黒い紋の内側に珍しく青い鱗粉があります。
スジグロシロチョウの飛翔1
スジグロシロチョウの飛翔2
そして交尾
キチョウはヤマハギの葉の上に産卵
そしてそのキチョウの卵
クサギの花にはアゲハチョウの仲間がやってきます。これはカラスアゲハ
夏型のトラフシジミもよく見かけますが、たまたま開翅した時光線の具合で綺麗な青色に輝きました。
お盆を過ぎると他のシジミチョウも出てきました。
食草のツメレンゲ辺りを飛び回るクロツバメシジミ
クロツバメシジミの産卵
これがクロツバメシジミの卵 普通のマクロレンズではこの程度にしか撮れない。
クロツバメシジミの交尾 (順番間違えた!まあいいか)
ミヤマシジミの産卵 秋にもう一度見られそうです。
クズの花にはウラギンシジミの幼虫 結構見つけるのが最近うまくなった
さて、8月も最後になると真夏に眠っていたチョウたちも起きてきます。
スジボソヤマキチョウは夏眠から覚めた早々オスはメスを追いかけまわしています。
と思ったら葉陰で交尾しちゃいました。
ミドリヒョウモンなんかも夏眠明けでヨツバヒヨドリに集まってきました。
夏の里山はそう珍しいチョウがいるわけではないけれど、こうしてみるといろんな場面を見ることができてそれなりに満足できたかなと思う。

これからは秋のチョウがどんどん増えてきてまた楽しくなりそうです。




















2017/08/16

新しいオモチャ=360度カメラ (2017.08.16)

前回ちょっとだけ紹介したのはリコーTheta SCで撮った画像です。
リコーHPより Ricoh Theta SC
詳しくはリコーのホームページを見ていただくとして、とにかくカメラを中心に360度回り全部が写ってしまうカメラです。

 本体には電源ボタン、WiFiのON-OFFボタン、動画-静止画切替えボタン、それとシャッターボタンしかありません。
 細かな設定は本体では一切できませんから、スマホが必須となります。もちろん画像もスマホがないと見ることはできません。

 さて、スマホには「Theta」というアプリを入れておきます。これでカメラの細かな設定ができます。またリモートで撮影が可能になります。
 さらに撮った360度画像を編集するには「Theta+」というアプリを入れておきます。

美ヶ原、王ケ鼻で撮ってみました。
これが撮った元画像で左右が360度、上下が180度写っています。(メルカトル図法と同じ)

これをTheta+で再生すると、
ミラーボウル 球面に画像を貼り付けた感じ
フラット 元画からクロップした感じ
リトルプラネット 中心がカメラ、円周が水平線でその外が空

ストレート 超広角レンズで撮ったようになる
スマホで4種類の表現方法ができる。各画像は画面を指でグルグリやれば自由に動くし、拡大、縮小も出来る。

ミラーボウルで拡大トリミングしてみた
長峰山でリトルプラネット

手持ちでシャッターボタンを押せば、どんな方向を向けても漏れなく自撮りができるのだが、風景写真をメインにしたければ三脚を使って隠れてリモート撮影すれば良い。あるいは、自分が写らないようにトリミングする。

 このカメラの凄いところは、最短撮影距離が10cmでしかもパンフォーカスということ。
つまりカメラから10cm離れた場所から全てピントが合ってしまう。これをチョウの撮影に使わない手はない。
 ということで、やってみた。

アサギマダラ
飛んだ!

ウラギンヒョウモンの後ろにアサギマダラが飛んでいる。
前回のフタスジチョウをこのカメラで撮ってみた。

PC用のアプリだと「ミラーボウル」しかできないので適当にグリグリやってからスクリーンキャプチャーしてさらに編集した。

画質はコンパクトデジカメだが色々遊べて面白い。